4
10月

市販の白髪染めの危険性

白髪染めの危険性 コメントは受け付けていません。

最近は色々なヘアケア剤が販売されており、以前と比べると自宅で白髪染めをする方が多くなってきました。

ただ数ある白髪染めの中には、人体に悪影響を及ぼすものや発がん性のあるものなども存在します。

そしてそのような危険な白髪染めの代表格が、市販されている白髪染めです。

最近は、ドラッグストアや大型量販店に行くと、様々な白髪染めが格安で販売されていますよね。

中には500円程度で購入できるようなものも存在します。

そのため皆様の中には、市販の白髪染めを使って毎月白髪染めをしている、という方も多いかと思います。

しかしその白髪染め、実はとても危険なものかもしれません。

というのも安価な白髪染めには、白髪を黒くするための合成着色料や化学物質が、沢山含まれているのです。

また商品によっては、発がん性のある物質が配合されている場合もあります。

こういったものを定期的に使用していると、頭皮からそれらの成分が浸透し、体内へと吸収されてしまうことがあります。

そうすると異物を解毒する機能を有する腎臓や肝臓に負担がかかり、場合によっては体調を崩してしまうことがあるのです。

もしも妊娠中の方がこういった白髪染めを使用してその成分が赤ちゃんに伝わってしまうと・・・、なんて、考えただけでもちょっと怖くなってしまいますよね。

最近は天然由来の成分のみを配合して作られている白髪染めも販売されておりますので、体のことを思うのならば、そういった白髪染めを使用することをおすすめします。

気になる記事…英キャサリン妃もお悩みに…産後に白髪ってなんで増えるの? – NAVER まとめ

Comments are closed.